INFO

ADDRESS
227-17, Yeonnam-dong, Mapo-gu, Seoul, Korea
PHONE
02-326-3002
NEAR STATION
Hongik University
OFFICIAL SITE
http://www.neonmoon.co.kr/
OPENING HOURS
Open pm 3:00 - Close pm 9:00
HOLIDAYS
Tue

FACEBOOK

NEON MOON

Apr 09 2016 pingpi

://

ソウル・弘大(ホンデ)。若者の街として知られるこのスポットを、もっとディープに散策してみると、延南洞(ヨンナムドン)と呼ばれるエリアにたどり着きます。実はここ、昔ながらのモダンな韓国の商店の姿を残しながらも、珍しいお店が集まっていることで、近年注目を浴びている地域です。そんな延南洞の街に2014年にオープンした雑貨店「neon moon(ネオンムーン)」。1980年代に流行したオモチャやインテリアアイテムを中心に取り扱うお店です。

オーナーはファッションデザイナーとして活動後、2年間の日本留学を経験したチョ・ヨンジュと視覚デザインを専攻し、ストリートファッションマガジン「CRACKER YOUR WARDROBE」で4年間メインデザイナーとして活動していたイ・ソソさん。オリジナルライン「ピンクパラダイス」は70 – 80年代、アメリカ RETRO MOODにインスピレーション受けて製作しています。当初、純粋に好きなものを販売していたという小さなショップで、自分たちがずっと持っていたいようなものを製作し、一つずつ販売するようになったらしいです。それを皮切りに韓国ではneon moonの熱狂的なファン層が形成され、今では一つのブランドとして定着しています。最近では、ヴィンテージ雑貨、玩具以上にオリジナルラインのアクセサリーやトートバック、衣料品が特に人気を集めています。

先月は原宿ラフォーレに期間限定POPUPストア(http://www.laforet.ne.jp/limited_shop/neon1603/)をオープンして大盛況でした。現在は、日本のみならずアメリカやヨーロッパ諸国からも珍しいアイテムをたくさん収集してきては、販売を行っているらしいです。お店では、月に1回コンセプトを変えて、インテリアも変化するというので、訪れるたびに新しい楽しみに出会えるといいます。

延南洞にお越しの際は是非、「neon moon」にお立ち寄りいただき、あの懐かしい時代にタイムスリップしてみてはいかがでしょうか?

neonmoon 韓国にある雑貨屋さん