JUL 01 2016 | SAYAKA UMEZAWA

 

アメリカの「もっとも重要な写真家」と言われるライアン・マッギンレーの個展に行ってきました。

展覧会『 BODY LOUD! 』

ライアン・マッギンレー・・・一部の写真・アート好きはご存知かと思いますが、広くは知られてないと思うのでご説明しますね。

2003年・25歳のライアンは、史上最年少でNYのホイットニー美術館で個展を開催して「スターダム」に昇りつめました。そして今日まで13年間ずっと「スター」であり続けてる人です。

彼の作品が何でそんなに注目されたかというと・・・

◎アメリカの写真カルチャーの定石である「キッズたちのストリートカルチャー(スケート、音楽、パーティ、ゲイ、ドラッグ)」を記録できる立ち位置にいた。(たまたまいてラッキーだけど、写真家としては立派な才能のひとつだと思います)

◎万人にアピールする類まれなポップカルチャー・センスがある。

◎現代的なメディア(広告、雑誌、ファッションアイテム、インテリア)に映える写真をとる。

聴衆の興味やニーズから見た理由は色々あると思うんです。
なんだけど、正直、私には「なんでそんなに人気があるのか、よく分からん」ところが今まであったんです。

160526_ry2

彼の写すイメージは凄くはっきりしてます。というか非常に限られてます。

◎青春
◎裸
◎光と影
◎アメリカの路上と街

以上。
これ、たぶん、写真というジャンルのものすごく王道・定石です。
その王道・定石をスッととって、限られた調味料で味付けしてるという印象です。

どんな事でもそうですけど、最初は知識やテクニックや歴史を知らないからシンプルにやろうとすると思うんです。

ポーカーを初めてやる人はカードを揃えることしか考えられない。
株をやる人は、とりあえず良さそうな銘柄をなんとなく買う。
でも、そのうち、色々な知識や経験が入ってくると、人や市場の手を読んだり、裏をかこうとしたり、複雑な上がり方をしようとしたり。途端に難しく考えはじめる。
でも、株やギャンブルの法則では、最強なのはシンプルな王道・定石だと言います。

アートや写真を勉強した人だったら、気恥ずかしくて真正面からいけない王道・定石をライアンは臆することなく選んでるのかもしれません。

さて、ライアンが在籍していたアートスクルール(パーソンズ)には、山のように才能も知識も高い同級生たちがいたと思います。
彼らの中には「他に才能がある人がいっぱいいるのに、何であいつが成功するの?」っって、すごくライアンを悪くいう人もいると聞きました。
成る程なあ、と思います。
自分の軸で選んだことを迷いなく続けるか、人の成功を羨む感覚でじりじりしているか・・・・。

どちらが自分の人生として納得できるかな?
私はどっちの感覚をとってるかな?

と想像してみました。

 

彼の代表シリーズの1つは、友人のモデルたちとアメリカを一緒にアメリカ大陸を横断しながら、牧歌的で平和な風景にモデルたちが裸で駆け回る「ロードトリップ」。

で、今回個展を見ていて、気づいたんです。
そんな事をストレートにずっと続けられる感性の持ち主だというのが何よりも彼の魅力だってことに。

そんな風な彼の「スター然」としたところが、吹っ切れてて、良い。
「とにかく作品がよくて評価されるタイプ」と「その人がつくる作品だから評価されるタイプ」の2つの志向があるとしたら、ライアンは後者タイプ・・・やっぱり評価されてるように「スター」タイプなんじゃないかな?

さて、私なりにライアンの作品を大斬りしてみるならば・・・
「アメリカの夢と青春のかげろう写真」です。

ゆらゆら揺れるように儚い「かげろう」。
不思議な色と光の織りなすリアリティと夢の境が曖昧な「あの世」の世界。

彼の作品に出てくるモデルたちはみんな素人の友人たちで、ほとんどがヌードです。
そして、「多分アメリカのどこか田舎だね」みたいな匿名の牧歌的な自然の中で、モデルたちが半分トランスしたようなポーーーーーッとした表情でポーズをとってる。

「この世」じゃないんです。

たぶん彼の感性は「あの世」の「かげろう」センサーだけで出来てるんでしょう。「かげろう」を「この世に」映し出し、「目に見える形で広げる」というとっても実際的な能力も高いのがライアンのとっても面白い部分です。

人って、アートって、魅力的ですね。

 

ライアンを見てて、思いました。
アートの世界の評価を気にしたら、こうはなれなかったと思う。

で、本人はこれしか出来ないし、これが出来ること。
やっぱり、人は魅力をひらくと、それまでハンディキャップに感じてたこと自体が他にない強みになるんだね〜。

JUL 01 2016 | SAYAKA UMEZAWA

『 Björk Digital ―音楽のVR・18日間の実験 』
@日本科学未来館のイベントで、
2日連続!ビヨークの音楽世界に浸ってきました。
彼女の音楽世界・・・
すごかった。面白かった。楽しかった!

ビヨーク。(写真下↓)

“点と点をつなぐこと。それが私の役割だと思っている。世界中に星のように点在している才能や技術をつなぎ合わせて、星座のように大きな絵を浮かび上がらせる。” – ビヨーク Via: CINRA.NET

ミュージシャンで展示ってどんなんだろう?
って思いますよね。
今回の展示は、昨年発売された
アルバム『ヴァルニキュラ』を
バーチャルリアリティー(VR)化した
“シアター体験” がメインです。
初日は、そんなVR作品のための公開収録をみました。
そして、昨日は3時間半ぶっ通し!!!
でずーっと生で聴きたかった
ビヨークのDJに浸ってきました。

19時半のスタート時間ほぼピッタリに現れた彼女。
(↑上、写真、白い歌舞伎役者みたいのがビヨーク)
そこから始まったDJは・・・
いやあ・・・
ありきたりじゃなかった。
世界各地、子宮、地底、宇宙、
あらゆるところを自在にかけめぐる、
音の万華鏡みたい。
彼女が作曲した交響曲、
もしくは1本の映画やオペラを
体験してる感覚です。
一体全体、彼女には音が
どう感じられてるんだろう???
不思議になります。
彼女の選曲、組み合わせ、
音響の響き方、
すべて合わさって
まったく新しいものに聴こえるんですよ。
使ってた音は、
沖縄・奄美の民謡から秋田音頭
〜インドやフィリピンの民謡
〜James BlakeやRihannaなんかの
超メジャーなポップス
〜超複雑なリズムの
ごっつい電子音響ものまで。
バラバラなようで、
すべてが織物のように
1つの物語を同時に紡いでるようでした。
→ビヨークのDJセットはここで聴けます。

IMG_5620

このオープニングイベント前は、
屋久島に行ってたとか、
中目黒のB & Bに泊まってたとか、
なかなか親しみ湧く
ダウントゥアースなエピソードが聞こえてきましたが、
踊りまくりながらDJするビヨークは、
やはり妖精そのもの👼
ホログラム見てるみたいでした。
そんでね、
めちゃめちゃセクシーで!
かっわいいんですよ・・・

↑最近 ジェイムス・メリーさんというアーティストが作るヘッドピースをいつも被ってます。

彼の作品はインスタグラムの@j.t.merry で見られます。

↑会場は、たくさんの植物で埋め尽くされてて、アマゾンのジャングルみたいでした。

音楽は本当にパワフル!
素晴らしいエネルギーを運んでる音楽に触れると、
気持ちよく心や細胞が共振します。

世界中のフェスがあれだけ
盛り上がってるのも
それが理由でしょう。
あなたのお気に入りの
音楽があったら是非、教えてくださいね♡

MAY 27 2016 | SAYAKA UMEZAWA

昨日は、毎年5月に開催されるモード界最大の祭典!
世界中から女優やモデルなどセレブが一堂に会する『Met Gala』(メトロポリタン美術館のガラパーティ)でした。

Met Galaって何? via VOGUE NIPPON

METボールとも呼ばれるこのガラパーティの正式名称は「コスチューム・インスティチュート・ガラ」。ニューヨークのメトロポリタン美術館にある衣装研究所(Costume Institute)が毎年開催する展覧会のオープニング・イベントとして、各界のセレブを招いて行われる。ニューヨークで最も重要なソーシャル・イベントであり、五大陸から集めた15世紀から現代までの衣料35,000点を所蔵する施設のための資金集めが目的。入手困難なチケットはなんと1枚25,000ドル! 大半は主にファッションブランドが購入し、彼らのゲストとしてセレブたちが招待される。
・・・というわけで、ちょっくら趣味でレッドカーペットをファッションポリスしてきました。
総数150枚以上のレカペのスナップから、私が独断と偏見でピックアップしたのが下になります。
→全部ご覧になりたい方は、こちらから。

まず、私のごく私的ベスト・ドレスド!

スウェーデン人女優の アリシア・ヴィッキャンデル in ルイ・ヴィトン
どの女優/モデルに着てもらうか。 どれだけピックアップされるか。 そんな戦争も背後にはあるのが容易に想像がつくMETガラ。 一番の着用率だったんじゃないか?と思う ルイ・ヴイトンの中でも、いっちばん素敵だった! だいぶ個性的なドレス(しかも足元ブーツ!)だけど、 彼女の弾けんばかりのおきゃんな魅力に ぴったりで、めちゃ印象的でした。

イギリス人女優のジュノー・テンプル in アーデム

着用するのは繊細でガーリーなドレスといえば、
なブランド・・・アーデム。
日本人にもウケそうな「ガーリー」なジュノーはこの日スティーヴィー・ニックスをイメージした
ちょっとボーホーな雰囲気に変身。結果、めっちゃ際立ってました!

妊娠中のブレイク・ライブリー in バーバリー

日本でも「ゴシップ・ガール」で有名ですね。
みた瞬間、妊娠中って知らなくても「わぁ♡」ってなる
ピンクなもふもふ感とお花が広がるようなすっごく華やかでいい匂いがしそうないでたち。
ちょっとメークの目の下の「白」感の浮きたちが気になったんだけど
全体的に本当に彼女にお似合いでとても綺麗でした。

私の大好きな女優

エル・ファニングin サクーン + ティファニーのジュエリー

普段は「わたし、1週間髪洗わないの〜 あはは♡
洗わないと髪がまとまりやすいから、ちょいちょいって頭の上でバレリーなみたいなお団子にして
過ごしてるのよ!」(←マジでインタビューで話してた時かわいかった)
なエルちゃんですが、今日はドレスアップしてた。
ポニーテールにアクセサリーも控えめ(でも実はすごいダイヤだよね)で白いドレス・・と、
彼女らしく華美ではないのに、澄んで美しい!

ミッシェル・ウィリアムス in ルイ・ヴィトン + カルティエ ジュエリー

この人、本当にキャラたってて自分知っててオシャレだなあ、といつも思います。
バツっと切ったボブに、セットアップのミニにブーツ!
って超カジュアルにも見えかねないけど手元のバングルとミニバッグ見て。
アクセサリー使いで、ここまで全体引き上げられるか。
って上級者篇ですね。

シンディ・クロフォード in バルマン

元祖スーパーモデルのシンディですが、年を経てますます美しいですね。
今年50歳です。
バルマンのキラキラスパンコールドレスも、シンディの光に寄り添ってるような。
いいです。

リリー・ローズ・デップ in シャネル。

泣く子も黙る?ハリウッドとフランス映画界のサラブレッド
ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディの娘です。
私、この子あんまり好きじゃないんだけど
今回のレカペ写真見てて、ビヨンセ様とか名だたるセレブが並ぶ中、
間違いなく、もっともユニークな存在感で際立ってた1人。
ジョニデとヴァネッサの根暗さ・ゴス感・変態感が極上のロリータ美形顔にうまいことブレンドされて詰まってる。
シャネルを普通に着こなす変わった16歳です。

テイラー・スウィフト in ルイ・ヴィトン & エヴァ・ハーレン ジュエリー

「未来のグラディエーター」とかVOGUEで言われてました。
今年のMETガラ全体のテーマが「テクノロジー時代のファッション」でしたので、
去年のリアーナみたいなこの一着のインパクト!(→これ)
っていうのがない代わりに例年ではみられないような「実験」がたくさん!
面白い素材使いがあらゆるところで見られました。
それが大得意なのがニコラ・ジェスキエール率いるルイ・ヴイトン。
というわけで、LVの着用率が1番だったのも納得です。しばらく前に、超プラチナブロンドに染めたテイラーは
まるで人造人間か3Dゲームから抜け出てきたよう。まさにコスプレ。
コンセプト的に完璧な仕上がりでした。

ロード in ヴァレンティノ & ジュゼッペ・ザノッティ シューズ

テイラーとかと同じくティーンから活躍はじめた才能溢れるミュージシャン。
テイラーが金髪で明るいキャラだとしたらロードはダークヘアで根暗キャラ。
きっと根暗なティーンの拠り所だと思います。ヴァレンティノのチュールドレスが甘くすぎない18歳。
このポーズとるところが、アーティスティックです。

ビヨンセ in ジヴァンシー オートクチュール

ラテックス素材にコーラル色のこのドレス!
にドレスが最高に引き立つこのポーズ!(ヒップ!!!!!)
ビヨンセ、いい仕事してる。って思いました。

アレクサ・チャン in サクーン & アニタ・コー イヤリング

パンツスーツもこんなにドレッシーになるんですね。
右がデザイナーのサクーンさんですが、サクーンってドレス上手いですね。
きっと顧客がしっかりついてるんだろうなあ。

ローレン・サントドミンゴ in ジャンバティスタバリ オートクチュール & ニナ・ランズドルフ ジュエリー

今回見た中で一番好きなドレスかも。
The Best Dressedにも選ばれていました。
シルバーってかプラチナ(白金)な感じです。
似合うにはチョコレート色の肌か彼女みたいなピンクがかった白肌の人かな〜。

以上、ファッションポリスでした。

APR 09 2016 | SONOXX

“ There is no excellent beauty that hath not some strangeness in the proportion.
—————————————————————————— Francis Bacon

西欧の伝統的な美意識には黄金比(Golden Ratio)に起源する「プロポーション」の観念がある。今でもモデルのように均整のとれた体や整った顔立ちの「美しさ」には、そのような「理想的比率」の観念が根強く継承されている。

しかし、それは美しすぎて、近寄り難くて、魅力を感じない。むしろ「プロポーション」がちょっと乱れたり、歪んだり、傾いたりしているところにこそ、本当の美がある、という考える。

すなわち、そのような「平均」や「標準」からの逸脱こそが、「個性」=「本当の美」=「魅力」であり、さらには「エロティシズム」を生み出す、と捉えている。

ガーリン的美学分析。

APR 09 2016 | SAYAKA UMEZAWA

I HAVE AN IDEA’ — Architect Frank Gehry Exhibition was full of inspiration for those who are involved with “creation” and “culture”. I mean, for everyone ;-)(Please see English text below if you are interested in. Thank you!)

「アイデア」をちょっと出すだけなら誰でも、できる。それを「建築物」というあらゆる要素を包括した形にしていくのに、いったいゲーリーは、どういう過程を経ているのでしょうか?それを垣間見られるのが本展の醍醐味です。

それは、ゲーリーがマニフェストしている通り。
しゃしゃしゃ、と紙にスケッチして終わりでもない(スケッチは、最初の「何か」を追う大事なプロセスだそうですが、それで終わっていると見られるのは、ご本人は心外だそうです)。会社にまでなった実設計をおこなう「ゲーリーテクノロジーズ」社の使用する3Dモデリングソフトウェアでこなしているわけでもない。(ゲーリー自身は、コンピュータで設計図を見ると “やる気をなくす” ので、なるべく見ないけど、ここで使っている仕組みは、どういう建築物を作るのか、みんなと正確に共有するツールとして機能してるそうです。

その大事な役割をになっているのが、「模型」なのでした。
メインの部屋は、いくつかのプロジェクトについての検討 & 発展をどうつくっていくのか、というプロセスを「模型」で追っています。ボリューム感を見るのに、内部プログラムや機能を検討するのに、内外を区別しながらもつなぐサーフェイスを検討するのに、光の入り方を見るのに・・・etc. 膨大な量つくられるという「模型」たち。

設計の初期の段階から「とにかく、たくさん、模型をつくる」というだけあって、模型から垣間見える「アイデア」→「フォルムになる」への手続きが、とても面白く、ここだけでゆうに2時間くらい過ごせる・・・。
建築は、人が実際に過ごすところであり、地球の「表面」に人が「形にして顕す」という使命があるから、面白いのだ。

それを真剣にとらえながら、遊べる人がフランク・ゲーリー(& パートナーズ)なのかもしれない。とも思いました。
だって、大学生のバイトちゃんに「「ベルニーニのしわとミケランジェロのしわの違いがわかるか」って聞いて、「わかる」っていうから、「あのラインは、ベルニーニのしわで作ってくれ」って指示するんだよ。
そして、だからか?ゲーリーは、予算をオーバーしたことがほとんどないらしい。(本人いわく、そういうことを割りに真面目に捉えてるそうだ。)尊敬。

Yes. Everyone can get an idea any time. But few keep searching for what is pulling you and very few keep creating it with passion. If you wanna leave it as it is you can let it go. But you can’t. That’s the start of idea. So you try to find out what it is. Maybe you write or draw or play the instruments etc. It comes out from nothing to something visible, touchable and audible. And it will get through long journey to bloom.
Gehry says in his manifesto “So you get an idea. A stupid idea but you like it. So then you make another model as another way or looking at the first stupid idea; and you like it but only for a little while. So then you hate some of it so you make another model to fix it but it looks different but you like it so s you look at it until you start to not like it then. — snip — You just want to make a new idea.”

APR 09 2016 | SONOXX

初めてモロッコに降り立ったとき。

それはそれは、まるで記憶の奥深くにある遠い遠い夢の中の世界に迷い込んでしまったのかと思うほど衝撃の光景でした。

沢山の方にモロッコの魅力を伝えたいと思い、沢山写真を撮ってきました。

モロッコの伝統的な邸宅を改装したホテル「リヤド」を訪れた私は、その完成度の高さ、デザインのすばらしさに心をわしつがみにされてしまいました。

「ようこそ」と、手にローズ・ウォーターを振りかけてくれる。そんな優雅な心遣いがリュクスな、300年前の宮殿を改装したリヤドで、甘い甘いウェルカムミントティーを頂きました。

その味わったことのない美味しさと美空間が重なり合い、まるで夢のようなアラビアンナイトの世界が広がる中で王妃になった気分、とでもいいましょうか。

 

街中がロマンチックなブルーで彩られた小さな小さな街。シャウエン。

世界中の旅人から「一度は訪れてみたい街」と言われている素敵なところ。
到着した時、見るもの全てが新鮮で、興奮する気持ちを抑えることができなかったのを今でも覚えています。
この世のものとは思えない美しい青や水色、白で塗られた町並みは、青い迷宮とも呼ばれています。
何故青なのかは、虫よけのために青く塗ったのがはじまりといわれているそう。

 

乙女心をくすぐる、ローズピンクの街。マラケシュ。

ピンク色のメディナは色鮮やかなゼリージュや美しいアラベスク模様で彩られ、
魔法使いのようなジュラバ姿の人達が佇む姿はどこかミステリアスで、
目にする雑貨たちはキラキラと輝き、エキゾチックでスウィートな魅力が溢れています。

モロッコを訪れる前、「世界はモノクロだった。」と、かのイヴ・サンローランにそう言わしめたほど、モロッコには色が溢れています。

マラケシュの離れにある、イヴ・サンローランが愛した「マジョレル庭園」。
この庭園を訪れて、その息をのむほど美しい空間にすっかり魅了されてしまいました。
竹林やサボテンなど、世界各地の植物が絶妙なバランスで配置されており、鮮やかな色彩にあふれる感性が、それはそれは斬新でした。

建物の外壁など、庭園の装飾に使われている色は「マジョレル・ブルー」と呼ばれる濃いコバルトブルーです。マジョレル・ブルーと鉢植えに使われる原色。
そして、咲き乱れる白や赤の花。鮮やかな色彩と光にあふれるこの空間が旅人に与える癒しのパワーは絶大だとしかいいようがありませんでした。

マジョレル庭園は、1920年代にフランス人画家のジャック・マジョレル氏が造園。植物収集家でもあった彼は世界各地から植物を取り寄せて、異国情緒あふれる空間を造り上げた。そしてマジョレル氏の死後、1980年にデザイナーのイヴ・サンローラン氏とピエール・ベルジュ氏が買い取って改修し、今に至ります。

 

アラブの文化や独自の風習が色濃く残り、イスラムの香り漂う街を歩けば

自分がよその国から来た旅人だということを肌で感じる、エキサイティングな非日常が待っていたのでした。

ヨーロッパやアフリカ、様々な人種やカルチャーが見事にミックスされた魅惑の国、モロッコ。
旅人と魅了してやばない不思議な魅力がたくさんつまった宝箱のようでした。

新生GIRLIN’について
APR 09 2016 SAYAKA UMEZAWA

GIRLIN’ — Mono That Make You Happy

わたしのガーリーに、「しあわせな」カタチ。

このサイトは『 GIRLIN’ 』が企画・運営する

自分らしい「ガーリー」な感性で、

しあわせな毎日をクリエイトしたい人のためのカルチャーマグです。

GIRLIN’ とは?

あなたは、自分の人生に何を求めているでしょうか?

おそらく人類共通のテーマは、「しあわせ」だと思います。

『 GIRLIN’ 』は、

女性ひとりひとりの感性がもっとも輝くあり方を引き出し

しあわせな毎日をクリエイトするお役に立つための

キュレーション・レーベルです。

私たちはレーベルとして

カルチャー・マグ、イベント、プロダクト、ワークショップ

をお届けしています。

わたしたちの周りには、素晴らしい女性がたくさんいます。

この記事を読んでくださってるあなたも含め、

リアルな人生を生きてる女性、そのひとりひとりが私たちのアイコンです。

「ガーリー」とは、「少女らしい」という意味で限定して使われることが多いですが、

さまざまな女性のあり方そのものが

「ガーリー」の概念を決めているのではないかなあ、と思います。

「ガーリー」であること=「ガーリン」は、

これを読んでくださったる貴女や、貴女の身の回りの女性ひとりひとりの

個性やユニークな感性や魅力を表してると

私たちは信じています。

「しあわせ」も、また、個性があるのではないでしょうか?

あの人のしあわせが自分にとってのしあわせでもなく・・・。

貴女にとっての「しあわせ」は何でしょうか?

私たちは、そんな事を思い、悩み、模索しながら、

10年「Girlin’」を運営してきました。

いろいろな経験を経ることで、

「これが自分の個性だ。これが自分にとってのしあわせだ」って

気付けて、肩の力が抜けた事がありました。

やっぱり、誰もに備わってるその人だけの個性がいちばんパワフル!

その個性からくる「わたしこれが好き!」の感性が発動した時が、

一番しあわせに感じるね。

というシンプルな結論にようやく納得できました。

そんな風に、ひとりひとりの個性を認めあい

賞賛しあえるつながりや、エネルギー場を作りたい。

そこから、互いに更にひらけるハッピーな世界があるんじゃないか?

そんなことを願ってスタートしたのが新生『 GIRLIN’ 』です。

ここは、貴女の花園でもあり、わたしたちの花園でもあります。

この場を通して、

好きな花や植物にかこまれた

貴女だけの「しあわせ」のカタチの花園が、

さらに美しくゆたかに育まれて、

そのかぐわしい香りが

ゆったりと世界に広がっていきますように。

『 GIRLIN’ 』主宰: 梅澤 さやか(GIRLIN’ MAFIA)

COPYRIGHT© GIRLIN’ ALL RIGHTS RESERVED